予算の調整がしやすい

自由に組み立てていける

注文住宅は建売住宅と違い、自分で間取りからスタートして家で使われる資材まで自由自在に組みたてていくことができます。世界に一つだけの家を作り上げてもらうため、建売住宅に比べると、家が完成するまでに時間はかかりますし、使っている資材も建売住宅で使われるものよりも高級なものを選びがちなので、家を購入するためにかかる費用だけを見ていくと高くなりがちです。しかし、注文住宅の場合は、自分で自由にアレンジして家を組み立てていくことができるので、ある意味抑えようと思えばいくらでも費用を抑えた形で注文住宅を建てることができます。建売住宅の場合は既にいくらで販売する物件ということで決まっていますが、注文はそうではありません。

コンパクトな家にする

注文住宅を建てる際、その土地の建ぺい率がありますのでどこまで大きな家を建てることができるか決まります。費用をできるだけ抑えてマイホームを注文住宅という形で作りたいなら、できるだけ間取りそのものをコンパクトにするのが良いでしょう。コンパクトにすることで費用は格段と安くなります。もちろん、その家族構成等もありますので、費用を抑えるためだけに間取りを小さくするのは本末転倒です。間取り以外で費用を安く抑えることができるのは、家の中で使われる資材を抑えることです。注文で建てる家は結構高価なものを取り入れたくなる傾向にありますが、安くても良い資材はたくさん転がっています。色々な資材をチェックして安くて良いものを使って行きましょう。

新築一戸建てを探すのなら、空間のゆとりが生み出す、豊かな時間を共有できる建物面積100平米以上の広さが理想です。

© Copyright Beautiful Historic Houses. All Rights Reserved.